酒は燗、肴は刺身、酌は髱

我が身の色をお隠しでないよ、着の身着のまま、ええじゃないかえ

「完璧な線」ってやつ【運慶展】

東博で運慶展やってますね。

良い良いと聞いて行ってきました。

康慶作品、運慶作品、運慶以後の運慶風作品、という分かりやすい構成でしたが、はっきり言ってめちゃめちゃ良かった。

 

まず、点数が多くない割に東博平成館を使ってるので、空間をとても広く使っている。

多くの作品が360度から見られる、隣の作品と隣接していないので人がばらけて見やすい。

これは東博ならではのすごいことです。

 

運慶作品を前から見て、他のものと圧倒的に何かが違う感じがしていたけれど、それがなんなのか、感性ボキャ貧の身としてはあんまりちゃんと掴みとれなかった。

シュッ、ストン、丸み、瞬間を切り出したような、、、そんな感じ。

しかし、背中に回ってびっくりです。

仏像の背中を有難がって拝む人はあんまりいないと思うので、仏像の背中ってそんなに大事じゃないと思うんですよね、基本的に、ものの成り立ちとして。

 

それなのに、です。

運慶のは背中がモノを言ってんですよ。

肩甲骨あたりの肉の盛り上がり、腰回りのくびれの線、そういうものがあまりに溌剌としていて、肉感的で、完璧な(いいですか、「完璧」なですよ)曲線を描いている。

あと、前で言えば出た腹の線も素晴らしかった。

完璧な、魅惑の、あまりに生き生きとした線に、本当に惚れ惚れとしました。

背中でモノ言う仏像、そりゃ前から見てもすごいよね。

圧倒的洗練はつまり、線の洗練だったってわけです。

 

それに気づいてから、もっぱら後ろ姿を見ていました。

後期になってくると、肉感的な線自体は少しなりを潜めて、もう少しどっしりとした、高僧とか、風格があって立派で含蓄のある作風になってきたように感じました。

でも、後ろ姿の袈裟のほんの少しの盛り上がりに、中期作品で感じたエッセンスは匂い立っていた気がする。

 

康慶も、運慶以後も、後ろ姿は運慶と全然違う。のっぺりして平板。

全然違うもんだなぁ、とびっくりした次第です。

日本の芸能にしろ美術にしろ、題材や技法をどうするこうするというよりは、個人の職人的な芸によっていると思う。

素晴らしい人は、使い古された題材で異次元のものを作ってしまうんだから。

天使のテレパシー

寺嶋由芙 (Yufu Terashima) / 天使のテレパシー - YouTube

 

寺嶋由芙「天使のテレパシー - EP」を Apple Music で

 

 

これはさすがに名曲ではありませんか??

80年代アイドル歌謡の正統アップデート版という感じ。シンプルで効果的なアレンジ、高い歌唱力、声質も曲調にあっている。この時代にあえてソロアイドルで売り出すのは大変なことと思いますが、この感じで名曲をたくさん録音してほしいと思います。正直聞いた感じだとこの曲がダントツ抜けてる感じで。寺嶋由芙は完全に"持ってる"人物なので、あまり変なことせずに王道を行けば勝てると思う。ポスト歌謡曲路線はベストだと思うけど、新しいシングルは松田聖子に寄せすぎてもう一歩という気もする… とにかくこの曲はいいコンポーザーに出会えたなと。というか曲作ったの友人の友人なので、なんというか、ずるいと思う………

『それでも町は廻っている』と周回遅れの僕

みなさんご存知ですかねえ〜〜すごくおもしろい漫画があるんですよね〜〜〜『それでも町は廻っている』っていうんですけどね〜〜 知らない??知らないか〜〜〜そうか〜〜そうだよねえ〜〜〜

 

 周知の通り、石黒正数それでも町は廻っている』は昨年末に雑誌上で完結、今年2月に最終16巻が発売された。もっとも、作品の面白さについては議論の余地がないのでここで述べることはしない。

問題となっているのは、この漫画をあろうことか最終巻発売の半年後、今年8月から買い始めた僕のことである。

 

石黒正数のことは知っていた。『外天楼』とか短編集は読んだことあった。『それ町』が連載していることも知っていた。アニメ化したことも知っていた。でも読んでいなかった。

それなのに、『それ町』完結のときに、ファンがお祝いムードで盛り上がっているのを見て、「へえそんなにみんな好きなんだ 読んでみたい」と思って、更にしばらくしてからブックオフの100円コーナーで見つけた1〜8巻をまとめ買いする始末。ここまで来てようやくめちゃくちゃ面白いことに気づき、続きはブックオフで買ったり、ブックオフにないやつは新品で買ったりしているのである。そして先日ようやく最終16巻に追いつき、「それ町が終わってしまった!それ町ロス!」などとのたまっている。どうでしょうかこの有様。

 ブックオフで買うのは自分ルールで「新刊はちゃんと新品で買う 既刊は中古でもいい」ということにしているためで、そうしないと僕の財力ではいろんな漫画が読めなくなるので許してもらいたいのですが、それはともかく、僕は昔から周回遅れだった。

たとえば最近だと『キルラキル』とかも、放映当時から評判がいいことは知っていた上で、ずっといつか観ようと思っていたのをやっと観て、それで図々しくもベスト10とかに入れているわけである(過去記事参照)。どうしてこういうことになるのか。

 

ひとつには、持ち前の基礎的な生活力の欠如ゆえに、毎週(毎月)何かコンテンツを追いかけるというのがものすごく苦手だというのがある。

毎週楽しみにアニメやドラマを観る、漫画雑誌を買うみたいなのを生活の楽しみするというのは人生を豊かにするための有効手だと思うが、僕はほとんどできない。子供の頃から、コロコロもジャンプも一度も買ったことがない。漫画雑誌を買ったのが、こないだスピリッツで阿部共実先生の超絶大傑作『月曜日の友達』の連載が開始したときがはじめてだ(隔週連載にもかかわらず、結局続かなくて単行本派になってしまった)。毎週観ているドラマやアニメはそのときどきで無くはないが、録画しておいて何話かまとめて観てしまう。

 もうひとつは、無数にあるコンテンツの中で何に手を伸ばすかを「信頼のおける人が褒めているかどうか」で決めているから。多くの中から自分で選別するということをあまりしないのは本来あまり良くないと思う。漫画なら雑誌を購読して一通り読んで気に入ったやつの単行本を買うとか、アニメなら毎クール何本か1話を観てその中から継続するやつを選ぶとか。それでは当然リアルタイムで追うことはできない。

 

しかしもっとも大事なのは、やはり現在進行形のコンテンツを追いかけ、そこにお金を落とすことなのだ。それがジャンルを育て、未来に繋がっていくから。クラシックはやはり残っているだけあって素晴らしいものが多いし教養としても必要になることはあるが、何よりもリアルタイムのシーンを追うことを大切に心がけていきたい。

 

そんな僕にとって、2017年最大の事件といえば、当然『月曜日の友達』そして、『ツインピークス シーズン3』である。あの、ツインピークス、本当にすごくて、完全に無敵という概念を体現しているので、今度その話します。