読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒は燗、肴は刺身、酌は髱

我が身の色をお隠しでないよ、着の身着のまま、ええじゃないかえ

メカじゃなくて歌を信じるロボアニメの話

マクロス7という最高のアニメがある。

f:id:tamakobkrunion:20170508123135j:image

変形するメカやらドッグファイトやら板野サーカスとかいってミサイルがぶわーっとなる演出が印象的なマクロスシリーズにおいて、異色の一作。

とにかく、歌には力がある!を貫く。

細かいことはあんまり気にしてない笑

 

マクロスシリーズなので大前提として人類は地球外惑星への移住を目指し、移民船団で宇宙の旅を続けている。

もうシリーズ第1作で戦ってた巨人種族のゼントラーディとはうまくやっているんだけど、新しくプロトデビルンとかいう謎の敵が出てくる。

どうやら宇宙中の生命体の生気を吸い取って集めているらしく、それがマクロス船団を狙ってきた。

プロトデビルンは死ぬほど強いけど数が少ないので中盤くらいまでは洗脳した人間をメカに乗せて襲ってくる。

皆殺しにすると生気も集まらないので、毎回そこそこの被害で勘弁してくれる。

 

そこで、主人公でロック歌手の熱気バサラは敵が来るとヴァルキリーに乗って出撃して、神回避を続けながらひたすらギターを弾いて戦場で歌いまくるっていう。

曰く、「俺の歌を聴け!!」

全然攻撃しないし、とにかく飛び回って歌ってるだけなので何したいんだあいつということで周りはひたすら困惑。

ていうか操縦桿がギターの形してるけどバサラのメカ一体どうなってるんだ。

挙げ句の果てに、襲ってきた敵機にミサイルで応戦しようとするバンド仲間のミレーヌに言う。

「ミサイルなんてくだらねえぜ、歌うんだ」

 それ言っちゃうんだ。

いやいやマクロスからミサイル取ったら何が残るんだったっけ。

もういいよ最高か。

 

話は面白いし突っ込みどころも多いし各所に遊び心たっぷりだし歌もしっかりしててかっこいいしもう全体的によく出来てるし、普通にめちゃめちゃ良作なんだけど、その中でもギギルという敵が激アツなのです。

マクロス7は個人的に、ジブリを除いたアニメ作品中ベスト5には入るんだけど、私はギギルを見るためにマクロス7を見ると言っても過言ではない。

 

ギギルはマクロス7を通じて人類を襲撃するプロトデビルンという敵の一人で、一見汚ったない粗野な直情おじさんなんだけど、同族のシビルという女の子のことを本当に本当に大切に思っていて、とにかくとにかくずーっと命懸けで守ろうとする。

シビル以外のことは本当にどうでも良さそう。まず確実にみんな死ねと思っている。

しかしシビルは人類だけならず仲間からも狙われていて全然思うように守れないので、よく

「シィビルゥゥウウウウウウウウウウウウ!」

とか

「ウォぁぁぁあああああああああああああ!」

 とか叫んでいる。

大体運命に悪態ついてるか、部下にキレてるか、叫んでいる。

ちなみにこんな顔。

f:id:tamakobkrunion:20170508122713j:image

めちゃめちゃ悪そう。

 

こんなギギルなんだけど、 

34話~38話が、まじで神回です!!

 

34話「ギギルが歌った日」

このギギルが歌うんだよ。

 

ギギルは頼まれもしないのにひたすらシビルのために動いているんだけど、エネルギー不足で眠って起きなくなっちゃったシビルのために、バサラが自主的に毎晩歌いにくるっていうのが続く流れがあって、ギギルは隠れてそれをずっと見てるの。

バサラの歌には不思議な力があることになっていて、まあ要はバサラの歌を聴くと生きる力が湧いてくるという話なんだけど、彼の歌でしかシビルが起きそうにないことにギギルさん悔しくって悔しかって歯ぎしりしながら、でもどうしようもないからずっと隠れて見てる。

ギギル自身は歌のことなんてなーんとも思ってなくて、単に主人公バサラの歌はシビルが元気になるエネルギー源になるから利用しているだけという、ある意味歌と一番遠い存在だったギギルが、34話で仲間に攻撃されて死にそうになった時、バサラの歌を歌いだす。

その辺からギギルの内面に変化があって、彼自身変化していく自分に戸惑いながらも、そして変わらずシビルのためにひたすら体を張り続けながら、毎話歌うシーンが描かれる。

 

そして、38話!

またもボロボロ。

仲間のプロトデビルンに殺されかけた時、

 

「シビルのためなら、俺はどうなってもいいんだ」

「俺はギギルだ!俺の歌を聴け!!」

f:id:tamakobkrunion:20170519004352p:image

 

今まで戸惑いがあった「歌う自分」を受け入れ肯定するという、内面の大きな大きな転換!

 

しかし、

 

しかしその直後、

 

ギギルがついに死んじゃう(´;Д;`)

f:id:tamakobkrunion:20170519004013p:image

 

そしてお決まりの奥の手、最後の変身。

f:id:tamakobkrunion:20170519005138p:image

 

最後の力を全部使って、シビルにあだなす奴らと星をひとつ巻き込んで死ぬんだけど、そのとうとう全てを使い切って体が崩れてゆく時に口ずさむ歌がもう本当に最高で、その無骨な優しさといったらちょっと文章にならない。

 
「シビル、俺の、全て…」

「♪お前が  風になるなら

   ♪果てしない  空になりたい…」

 

まさに彼の生き方そのものって感じで、もうグッと来ずにはいられない。

あまりに美しくあまりに格好いい男だ。

 

読者諸兄にも、ぜひギギルを観て欲しい。

長いけどその価値はあると確信している。

いつも心に歌を!