読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒は燗、肴は刺身、酌は髱

我が身の色をお隠しでないよ、着の身着のまま、ええじゃないかえ

誇り高き江戸の欲望ライダー達の話、ついでにカオナシ。

皆さま「お大尽」という言葉はご存知のことと思います。

最近「元禄時代」という日本史の本を読んでいまして、そこに吉原の風俗が紹介されていました。

 いろいろ面白い話が書いてあるけど、何が良いって、お大尽にはお大尽の矜持というものがあるということです。

 

奉公人なんかだと、出世したほんの一握りが30代40代になってやっと給料が出る、妻帯ができるという具合。自分の自由になるお金をまとまって持てるということ自体が一つのステータスだったような時代で、吉原に遊びに行くというのは相当に大変なことだったそうです。

服なんかも半年も前から準備し始めて、遊び上手に手取り足取り教わりつつ、かしこに気を遣って準備取り揃え、座敷遊びなんかも他でお稽古していくそうで。

かつ太夫さんだとか、高位の芸妓には3回くらい通わないと馴染みにはなれないという。

「振りと意気地の吉原」とか言ったそうですが、中途半端な男には靡かない、権力や金銭にも目をくれない、それが吉原女の矜持だったそうで。

そんな気位を切り崩そうというんだから、吉原で遊ぶというのは度量の大きく気の長い話です。

 

そんな色男達を当時は「男伊達」とか言ったそうですが、容姿・装いに立ち居振る舞いはもちろん、商いもこなしお金も時間も自由になり、心に洒落があって、要は何につけ「遊び」がある、

欲望は大きく、とんでもない金額をつぎ込んで、かつそれらに捉われないさっぱりした心で楽しめるっていう、聞くだにハードルの高い人格が良しとされていたそうです。

 

逆に、こういうのはお大尽としては下の部類。

偽金を使って豪遊!酒池肉林の豪遊!をしておいて、千尋が靡かないとキレて大暴れのカオナシ先輩。

f:id:tamakobkrunion:20170314224525j:plain

何と言っても先輩は欲しがり屋でベッタベタですから。

すぐに見返りが欲しくてないと怒っちゃうし。 

その辺がいわゆる器の小ささで、先輩の醜さのポイントですね。

まあ残念ながらお大臣気質でない身としては、彼の気持ちは苦々しくもよく分かるけど。

 

顔がないというのは自分が何者か明らかでないっていうことで、強い自己認識の規範に縛られないから暴走してこういうことになっちゃうよねってことでしょうか。

そういう意味では千と千尋の物語はカオナシが自分を見つける話でもあります。

作中の役割としては欲望の権化たるカオナシが本質的には欲望に飲まれている清貧な精神で、欲望と一番遠い銭婆ところで落ち着くっていう。

ついでに、千尋が電車にくっついてきたカオナシを乗っけちゃう点なんかは、最近キーワードっぽい「ジブリ主人公の神聖性」がちょっと入っているような気がする。

 

話を戻せば、吉原なんて欲望の街って言っていいと思うけど、悪所通いをする欲望の強い人間の中でも一番上等だとされているのはそれだけ強い欲望の手綱を握れる人っていう、器の大きさってものに感じるところがあったという話。

 

まあ自分の場合はお金もなし、ぼろは纏えど心は錦ってなことになっちゃいますが、身分相応にいい遊びをしていきたいものです。

季節は春、ちらほら咲きかけてきた頃だし、まずは花見からってとこでしょうか。

花見に関しては色々と模索してスタイルを確立して行きたいところなので、花が咲いたらそんなことも書いて行きたい。