読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒は燗、肴は刺身、酌は髱

我が身の色をお隠しでないよ、着の身着のまま、ええじゃないかえ

アメリカ映画は面白い

当たり前のことを言うけど、アメリカ映画は面白い。

 

最近なんかわかんないけどアメリカ映画をあんまり観ていなくて、たとえばfilmarksの最新50マークのうち、アメリカ映画は14本(そんなに少なくない?普通がわからない)。

でも去年出した新作ベスト10は上から

 

傷物語 (日本🇯🇵)

FAKE (日本🇯🇵)

光りの墓 (タイ🇹🇭)

サウルの息子 (ハンガリー🇭🇺)

レッドタートル (フランス🇫🇷)

聲の形 (日本🇯🇵)

ちはやふる (日本🇯🇵)

海よりもまだ深く (日本🇯🇵)

彷徨える河 (コロンビア🇨🇴)

風に濡れた女 (日本🇯🇵)

 

次点 ソングオブザシー (アイルランド🇮🇪)

 

半分日本映画、もう半分はそれなりに多国籍でありながらアメリカ🇺🇸がなかった。アニメが多いのを置いといても、去年はそんなにアメリカ映画が好きな気分じゃなかったことがわかる。そんなことよりiPhoneの絵文字のカバー範囲の広さに感動した。モザンビーク🇲🇿ガイアナ🇬🇾サモア🇼🇸 多分全部あるぞこれ。EU🇪🇺

 

 さて、ゴダールが「アメリカ映画は存在するが、アメリカに映画作家はいない」と言ったという話を読んだことがある。根拠の無い断定を自信満々にしがちおじさんであるゴダールの話を鵜呑みにしてはいけないのは当然としても、言わんとすることはわからなくもない気もする。アメリカ映画というあまりに巨大なシステムに、たった1人で対抗できるような作家が現代アメリカにいるのかということでしょ?いるとしたらウェス・アンダーソンとか?知らんけど。たしかにウェスの『グランド・ブダペスト・ホテル』は全員観るべきだけど、でもそれはアメリカ映画と聞いて普通思い浮かべるものとは違うような気がする。

その点この間観た『マリアンヌ』はまさしくアメリカ映画という流麗さ、優雅さ、そして軽さと飛躍、現実からあくまで一線を介した虚構性に満ちた素晴らしいフィルムで、久しぶりに面白いアメリカ映画を観た!と思った。旧作で最近観たのだとフラーの『最前線物語』は良かったが、新作だと思い出せないくらい。去年だと『BFG』とかは良かったか。スピルバーグはえらい。『キャロル』はそこまででもなかったなあ。

 

 

アメリカ映画を観よう!!!(この記事、それが言いたかっただけ!!!)